LINEを使っているならITを使えている!

LINEする人 ビジネスシーンにおいて主流となっていたのはメールでのやり取りでした。
しかし現在では会社公認のメールではなく、非公式ソーシャルサービスのLINEがメジャーなツールとなりつつあります。
LINEをはじめとする非公式ツールの業務利用は巷で「シャドーIT」と呼ばれ、セキュリティリスクの高さが指摘されています。
それでもなお会社内でLINEを使う理由はなぜなのでしょうか。

それは複数のメンバーとリアルタイムで情報共有ができることです。
プロジェクトごとにグループ分けをしたり、情報の検索も容易に可能なため、メールよりも圧倒的に利便性が高いのです。
それに加え、公開や非公開を自由に設定できるため、セキュリティ面でも問題ありません。
この使いやすさがIT社会でLINEが重用される一つの理由です。

そういった意味ではLINEを不自由なく使いこなせている人は、ITを使えていると言っても過言ではありません。
近年ではスマホは毎日触る媒体となり、必然的にLINEを使用する頻度も増えます。
毎日使用するにあたって重要なことは、操作性が難しくないか否かです。
LINEは画面が複雑ではないので機械に不慣れな人であっても直観で操作できます。
覚えることと言ったら自分のIDとログインするためのパスワードくらいです。

LINEはスマホに最初から入っているものではなく、アプリをダウンロードした上でインストールしなければ使用することはできません。
アプリをインストールする作業は決して難しくないため、直観で行うことができます。
それでも機械に疎い人からすればこれらの作業を複雑に感じる作業かもしれません。
まずはスマホの操作に慣れることから始めるべきです。
自分のスマホへアプリのインストールを完了できた時点で、ITの世界へ足を踏み入れたと判断できるのではないでしょうか。

今ではIT社会で当たり前となったLINEの使用ですが、それは一般家庭においても同じことです。
家族や友人とのコミュニケーションツールはもはやメールではなく、LINEです。
メールの時代は終わりつつあると考えて差し支えないでしょう。
逆を言い換えれば、スマホやLINEに慣れていかなければIT社会から置いてけぼりを食らう可能性すらあるのです。
何も誰しもが毎日使う必要はありません。
少ない頻度でも構わないので、最低限LINEでメッセージのやり取りができる知識は付けておいて損はないはずです。